本場博多の味を鶴亀堂で

鶴亀堂は、名古屋で食べることができる、数少ない本格派の博多豚骨ラーメン店です。一杯へのこだわりを強く持っており、麺やスープ、具材をすべてに情熱を注いでいます。

麺は、毎日、博多から取り寄せられています。博多ラーメンの極細麺は、そのほかの麺にはない、独特の歯ごたえやコシがあります。また、それでいて小麦のふんわりとした風味が、豚骨スープにも絶妙に絡み合います。固さはお好みで選ぶことができますが、より麺の香りを感じたい人には、バリカタがおすすめです。

ラーメン豚骨スープは、とても濃厚で味わい深いものになっていますが、臭みの強い脂っぽいスープとは違います。鶴亀堂のスープは、飲んでみるとスッキリとした喉ごしを感じることができるでしょう。その秘訣は、スープに使われている豚骨です。天然素材を使っており、食べる人の健康のことを気遣っています。そのため、こってり過ぎない豚骨スープを作り出すことができるのです。

トッピングは、ネギ・チャーシューメンマ・味玉と普通のラーメンに加えて、博多ラーメンといえば欠かせないきくらげもあります。シンプルでいながら、一つずつに対するこだわりは並々ならぬものがあります。名古屋で食べられる博多ラーメンの名店・鶴亀堂は非常におすすめできるお店です。≪参照サイト→名古屋にある博多ラーメン / 鶴亀堂